グラミー賞で主演男優賞をはじめ4部門受賞。
日本でも大ヒットしている70年代の伝説的ロックバンド「クイーン」を描いた「ボヘミアンラプソディ」。遅ればせながらようやく観てきました。
善き思い、善き言葉、善き行い。」お父さんの言葉も沁みる、感動的なラストシーンは想像以上で、数日経った今も、しばらく余韻が続いています。

 

 

 ロックが大好きで高校の文化祭で下手ながらバンド演奏をしたこともある私ですが、クイーンとの出会いは、まさにそんな高校生時代の友達の部屋でした。おかげで劇場に響く曲はほぼ口ずさめました。今回の映画はバンドや曲より、ボーカルのフレディマーキュリーの半生を描いています。映画評論は専門家におまかせするとして、音楽を通じて家族のような仲間が出来たり、ロック特有の自由さだったり、聴いていた頃の思い出がよみがえったりする感情が渾然一体となり、私にとってこの映画がさらに味わい深いものになりました。

 

この前、私と同じ2月生まれの当時のバンド仲間と誕生会をすることになりました。やっぱりこの映画の話になり、まだ仕事で忙しくて観に行けてないメン

バーと、最後は一緒に観に行こうという話で大いに盛り上がりました。2回目の「ボヘミアンラプソディー」が今から心底楽しみです。






                       家はあたたかさ。

株式会社菅原工務店 家づくり・事例集はこちらから ↓
http://www.sugawara-koumuten.com/

+++ 新築・リフォーム・ZEH・太陽光発電・蓄電池 +++

20181102112151800x_image