【どうする?ソーラー】

この前の相談会の後にも、当社のオーナー様や地域の太陽光発電ユーザー様からお問い合わせが続いております。特に、この秋に固定価格価格制度が終了する皆様、ようするに1kw当たり48円で売電してきた方々がほとんどで、東北電力さんから書面で買い取り価格が終了する旨のご案内が届いていることも影響があるかと予想されます。

そういえば、終了後の価格は1kw当たり9円と先日発表がありました。
5分の1以下になると言うことです。 

確かに大切な自宅の光熱費(出費)ですから、誰も損はしたくはありません。

◎そのまま売電し続ける現状維持派
◎蓄電池と組み合わせる自給自足派
◎リフォームと合わせて、家全体のエネルギーを見直す派

などなど、皆様にピッタリの選択肢もあることと思います。

弊社のオーナー様はお電話いただくだけで、まずは現状を再度把握して、今後の制度や最新の蓄電池などの情報をお届けしますが、

訪問販売で買われて、さらにその会社様が今はない、もしくは連絡が取れない

そんな地域の皆様が見受けられます。

太陽光発電の販売の時もそうでした・・・
震災の時の対応もそうでした・・・

地元の皆様であれば、遠慮なくお電話くださいませ。

こんな時はまた決まって訪問販売や以前手荒に販売していたところの残党組が動き出します・・・

実際に弊社と関係のない販売員が、うちの名前を出したりという現状もこちらに情報が届いております。

不安な時は、

【すぐ決めずに一度弊社と比べてください】

蓄電池は各種メーカーを取り扱っています。京セラ以外、シャープやミツビシ、パナソニックや元サンヨーまで、太陽光発電をお使いの地域のユーザーさまにお応えいたしております。


グリーンエネルギーの主役とも言える太陽光発電、そしてそれを120%活用出来る蓄電池。ともにアフターケアの中で正しいアドバイスを出来る販売店がまだ少ないと感じているので、今回はあえてお伝えしようと思いました。


*ユーザー様の声 太陽光発電・蓄電池編
http://www.sugawara-koumuten.com/kounetsuhi.htmlIMG_E037720171114撮影_三浦様 - コピー20171114撮影_千葉様


*どうする?ソーラー 資源エネルギー庁ホームページはこちらから↓
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/